基本的な考え方は、項目【黒鯛専門の釣り方】と同じですので、一読頂けますようお願い申し上げます。


船からの落し込みで、とても楽しいのはシーバスが良く釣れることです。
船からのエサ釣りという言葉を聞いて想像するのは、『生きエビを使った食わせ釣り』ではないでしょうか?

私の釣り方は、この『食わせ釣り』とはスタイルが異なり、『魚を狙うポイント』、『使用する竿』、『ハリスの太さからハリの大きさ』まで全て違います。

また、黒鯛釣りの好きな方にとってシーバスは外道に該当する魚ですが、どれくらい楽しいかは下記の通りです。

皆さんに、連続ヒットの楽しさを是非味わって頂きたいと思っておりますが、実際にはシーバス狙いでご予約は殆どなく、黒鯛の釣れない時の釣り物となっているのが現状ですが・・・。 アハハ・・・


目次
 1.シーバスをメインで狙いたい方
  ・魚のサイズ
  ・良く釣れる
  ・引きが強いので、短竿でのヤリトリは最高
 2.シーバスと黒鯛の釣れる割合
 3.海水のニゴリによる釣果の違い





1.シーバスをメインで狙いたい方

この魚の魅力は、エサで良く釣れ、ヒット後、物凄いパワーで走り回ることです。
これを黒鯛の落し込みで使用する『短竿とタイコリール』でヤリトリしますので、魚を釣った感触がとても良いです。

エサ釣りの場合、魚がヒットしてから取り込むまでの時間をルアーと比べると、ヤリトリする時間が同じ大きさの魚で、2,3割程度長くなります。

ルアーの場合、比較的すんなりj表層に上がって来るのですが、エサ釣りの場合、船の周りを右左へ走り回ります。
また、ルアーで最も危険なエラアライも安心してさせる事ができます。

これは、エラアライされてもルアーのように外れることが少ないからです。
やはり、エラアライをした瞬間は楽しいですよね!
70cmクラスが水面に出た時は、つい”ヒャッホー!”と声が出してしまいます。(^o^)

小さな群れに当たると、次から次へとヒットしますので船の上は戦場となります。
この現象は、昼間のルアー・シーバス狙いでは考えられない状況です。(鳥山を狙う場合は除く)

2,3人で釣りをしていると、ダブルヒット、トリプルヒットが続き、再びエサを落とすとスグにヒットしますので、この瞬間は楽しくて笑いが止まらなくなります。


良くTVで『ルアーによるシイラ狙い』を見ていると、最初にヒットした魚はスグに取りこまず、船の側で遊ばせておくと、他の魚の活性が上がるシーンを良く見ます。

シーバスもこの習性に似た行動を取ります。
自分の仲間がエサを捕食すると、誤って口からこぼれ落ちるのを近くで待っています。

魚の気持ちは、「いいな〜、僕も食べたいな〜、誤って口から逃がさないかな〜」と言う感じです。
この時、近くにエサを落すとダブルヒットする可能性が高くなります。

シーラとの違いは、船の側で、誰か一人が魚を遊ばせる行動を取らなくても大丈夫なことです。
釣り上げた後、エサを落したら再びヒットすることが多々あります。



◎魚のサイズ
比較的良く釣れる魚のサイズ(レギュラーサイズ)は、50〜65cmの間です。

大型の70cm以上のクラスは、毎年比較的良く釣れる季節があり、5月中旬から7月中旬までは、70cmクラスが1日で1〜4匹、80cmクラスが2日に1匹程度釣れます。

9月以降は、70cmクラスが1日で1匹程度、80cmクラスが4,5日に1匹程度と減少します。
ちなみに、残念なことですが90cmクラスは滅多に釣れません。

今までの経験では、入いった魚の群れにより平均サイズが変化します。
例えば、3日前は50cm前後が多かったが、本日は60cm前後が多いなど、その日によって変化します。


ご注意:この数値は、私が漁師として生活していた頃のサイズです。
現在では狙うポイントが減り、シーバスの入りイマイチとなってしまったので、サイズ&キャッチ数共にかなり少なくなっていると思います。

また、黒鯛狙いでの出船がメインとなり、シーバス狙いで出船する機会がなくなってしまったので、当日どの程度釣れるかは運しだいとなっているのが現状です。

◎良く釣れる
エサで使用するエビはシーバスの好物のようで、活発的にアタックしてきます。

通常は、5〜15分間隔で頻繁にアタリがあるので、飽きる事なく楽しめます。
また、小さな群れに当たった時は、30秒〜2分間隔でアタリが続きますので、連続ヒットを楽しむことができます。

大きな群れには6〜10日に一度程度しか出会えませんが、小さな群れは毎日何処かにいますので、連続ヒットを体験するチャンスがあります。

ちなみに、、クイなどの障害物を狙う場合、2,3回仕掛けを落せばアタリがありますので、場所移動の後、すぐ釣れることが多々あります。

ご注意:この数値は、私が漁師として生活していた頃の状態です。
現在では狙うポイントが減り、シーバスの入りイマイチとなってしまったので、サイズ&キャッチ数共にかなり少なくなっていると思います。

また、黒鯛狙いでの出船がメインとなり、シーバス狙いで出船する機会がなくなってしまったので、当日どの程度釣れるかは運しだいとなっているのが現状です。


◎引きが強い
シーバスは引きが強いので、短竿でのヤリトリは最高に楽しいです。
シーバスはパワーのある魚で、60cmクラスで1〜2分、70cmクラスで2〜4分、80cmを超えると4〜6分かかります。

このクラスが何匹も連続ヒットすると、竿を持つ手が疲れてきます。
これがシーバス釣りの醍醐味です。
きっと、「また釣れたよ!」、「スゴイネ〜!」と言葉がでますよ!(^o^)

ちなみに、ルアーを使用した場合は、70UPのシーバスでも比較的短時間でキャッチできます。
イメージ的には、ルアーの場合、ルアー(異物)を水面付近で吐き出そうとする行動を取るので、水面に浮いてきやすい事からキャッチするまでの時間が短時間で済むのに対し、エサ釣りの場合は、水中に潜ろうとする行動を取るので、ラインを出されるとキャッチするまで時間がかかる結果となります。





2.シーバスと黒鯛の釣れる割合

黒鯛の釣れる時期に、エビエサでシーバスと黒鯛を狙った場合、釣れる魚の割合は下記の表となります。


・4月末〜5月中旬: シーバスが10割、黒鯛は滅多に釣れない
・5月中旬〜5月末: シーバスが10割、黒鯛はたまに1,2匹釣れる程度
・6月前半〜6月中旬: シーバスが9割5分、黒鯛は日に0〜3匹釣れる程度 
・6月中旬〜6月末: シーバスが9割、黒鯛は1〜7匹釣れる程度

・7月前半〜7月末: シーバス7,8割、黒鯛2,3割 
・8月前半〜8月末: シーバス6,7割、黒鯛3,4割 
 面白い事に、黒鯛が釣れる数は7月・9月と変わらないがシーバスが釣れなくなる 
 その要因は、多分、高水温の関係だと思います
・9月前半〜9月末: シーバス7,8割、黒鯛2,3割

・10月前半〜10月中旬: シーバス9割
 5〜25cmのチンコロが1〜10匹、なぜかしら釣れだす
 40cm以上の黒鯛クラスは2,3匹釣れる程度と悪くなる
・10月中旬〜10月末: シーバス9割5分、40cm以上の黒鯛が0〜2匹釣れる程度
・11月〜11月中旬: シーバス10割、黒鯛は釣れなくなる
 以上のように、本格的な黒鯛のシーズンインは7月〜9月の3ヶ月と短く、その他の時期は何匹か釣れる程度となります。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 











ご注意:黒鯛狙いでエビエサを使うと釣果が悪くなる
今までの経験から、エビエサは黒鯛の大好物(特効薬)ではない事が私の経験からわかっています。

その理由は、7〜9月、エビエサで黒鯛を狙うよりカニやツブ(カラス貝)を使うほうが良く釣れるからです。
この為、シーバスと黒鯛を狙う場合はエビエサを使用しますが、黒鯛を専門に狙う場合は、カニとツブ(カラス貝)を使用する釣り方のほうが良く釣れます。

但し、5,10月は、エビエサの方が良い釣果を得る事がありますので、黒鯛狙いでどちらのエサを使うかは状況しだいとなります。





3.海水のニゴリによる釣果の違い

その日の釣果は、海水のニゴリ具合で大きく左右されます。
 シーバス狙いの場合、黒鯛狙いほどシビアではありませんが、ニゴリが薄と釣果が悪くなくなります。

【シーバスを狙った場合】
ニゴリの濃度による釣果の違い 平均サイズ50〜65cmと考えた場合

☆ニゴリが良い場合
 少なくて20匹/普通で30〜40匹/食いが良い状態で40〜70匹

☆ニゴリが薄い場合
 5〜15匹と、かなり釣果が悪くなりますので注意が必要です

☆10cm下が薄っすらと見える条件 ⇒ 良い条件と変わりません

☆50cm下が薄っすらと見える条件 ⇒ 良い条件に比べ1,2割釣果が悪くなります 

☆1m下まで薄っすらと見える条件  ⇒ 良い条件に比べ6,7割釣果が悪くなります

☆3mまで見える条件 ⇒ 9割5分釣れません


 
 
 
 
 
 
 











平均的な釣果は上記に示した通りですが、実際はこの数に、魚をバラシた数とアワセた際に発生する乗りそこないがプラスされますので、トータルで考えるとこの数字の2,3倍以上のアタリがある計算になります。

この為、バラシや乗りそこないが少なければ少ないほどキャッチできる魚の数が増える計算となります。

上記の表のように、当日の釣果はニゴリの濃度で左右されます。
この為、前日までの状況と風向きで、当日何匹ぐらい釣れるか予想する事ができます。

ご予約された方には、前日の最終打ち合わせの際、海の状況についてご報告致します。
状況が悪ければキャンセル(手数料不要)が可能です。





☆最後に

エサ釣りでシーバスを狙う釣りはメチャクチャ面白い釣りなのですが、ご予約頂く殆どのお客さんが「黒鯛を釣りたい!」との事ですので、シーバス狙いは状況が最悪の場合以外には行わないようにしております。
変なの? アハハ・・・