このページに紹介する『船からの落とし込み釣り』は、今まで、極一部の釣り仲間が実戦してるだけで、雑誌などでは紹介されていませんでしたが、2003年の夏頃より関西方面で同業者ができ、TVや釣り雑誌などで紹介されるようになりました。

現在では、東京湾でも同業者が増え、釣り人からの認識度がアップしたと思います。
ご存知だと思いますが、黒鯛の落とし込み釣りとは、堤防・テトラ・磯なから黒鯛を狙う釣り方です。

この釣り方を、船の上からやってしまおうと私が考え出したのが、『船からの落し込み』釣りです。
また、この釣り方はシーバス狙いにも大変効果があり、黒鯛以上に良く釣れます。


一般的に『船釣り』と聞いて想像する事は、『コマセ釣り』や『生きエビを使った食わせ釣り』ではないでしょうか?
今回皆さんにご紹介する『船からの落と込み』は、短竿を使った堤防での釣り方を、『船の上から実践する釣り方』に置き換えただけです。

釣り方は、黒鯛の落し込み釣りで使用する2.1〜3.1mの短竿とタイコリールを使います。
エサは『エビ・カニ・ツブ(カラス貝)』を使い、水深3m以内を狙う『タナ釣り』を船から行なう感じです。

生きたエサを使用しますので撒き餌さなどは一切使用しません。
イメージとしては、堤防で行う『黒鯛の落とし込み釣り』と同じ釣り方となります。
この釣りが可能なのは昼間で、夜は殆ど釣れませんので営業はしておりません。


私が紹介する『船からの落と込み』釣りが面白い理由は、堤防の釣りの延長線上にあるところです。

「日頃、シーバスや黒鯛を釣りたいが、なかなか釣れない」
「黒鯛のアタリは非常にわかりづらい。 実際どんなアタリがあるのか体験してみたい」と思われている方には、正に打って付けの釣り方です。

また、アタリを取るラインが目の前にありますので、色々なパターンのアタリを確認することができます。

ポイントによっては、2,3回エサを落せば釣れる可能性の高い場所が多数存在しますので、楽しい釣りを体験することができます。

私はこの釣り方で、今まで漁師として生活してきました。
本来であれば、「絶対秘密の釣り方」&「釣りのスタイル」でしたので、この釣り方を仲間内にしか話しをした事がありません。

しかし、不景気により生活が苦しくなり、遊漁船をはじめる事になった事で仕方なく公表する事にしたしだいです。
文章の中には、未だに公表できない部分も多々ありますが、一度体験して頂ければ、この釣りの楽しさと凄さが判ると思います。

ちなみに、この釣りに関する取材・釣り雑誌への投稿などは全てお断りしております。
その理由は、同業者・マイボート利用者が増えることを警戒しているからです。




 ■目次
 □何故、船から釣れるのか

 □釣り方紹介
  レクチャ−
  釣り方の基本
  ヤリトリ
  釣り仲間の訪問

 □堤防の「落し込み」との共通点    
  



□何故、船から釣れるのか
現在、シーバスや黒鯛を数多く釣ろうと思っても、東京湾では思うように釣れません。
その理由は、東京湾の場合、立ち入り禁止の場所が多く、釣りの出来る場所が限られているからです。

この為、大勢の人々が一つの場所に集まるので、警戒心の強いシーバスや黒鯛は堤防に近付かなくなります。
では、魚はどこに行ったのかと言うと、人の居ない沖の障害物で楽しく?生活しているのです。(~o~)

皆さん、ちょっと想像下さい。
あなたがもし魚だったら、怖い人間の集まる場所へゴハンを探しに行きますか?
そこが高級料理店(美味しいエサが沢山ある場所)で、価格が安く『食い放題』でも、命と引き換えにと考えると恐ろしくて近付けないのではないでしょうか?

船で沖へ出ると、人間の気配を感じる事のない障害物(魚の家)が沢山あります。
ここには、警戒心の少ない魚が生活しています。

この場所にエサを落としたらドオナルと思いますか?
そう、釣れるのです。


「落とせば必ず釣れるのか?」と聞かれると、実際には魚が居ても、釣り方が悪いと釣れません。
また、船を保有されている方は、「魚が見えるのに何で釣れないんだろう?」と悩んだり、「ここには攻めても魚の反応が無い。 魚が居ないんだな!」と決め付けているケースは多いと思います。

しかし、釣り方を変えるとアラ不思議、『スゲ〜!』の連続となります。
カッコイイ内容ばかり書いていますが、実際、「必ず釣れるのか?」と聞かれると、「条件しだいですね!」となってしまうのが自然の恐ろしさです。

例えば、昨日は4時間で、50〜60cmのシーバスが40匹と、45〜50cmの黒鯛が8匹釣れたと考えてください。

今日も楽しい釣りだできると思い、ウキウキして出船すると、「エッ! シーバスがたった2匹しか釣れない!」、 「アレレ?」となります。
しかし、この逆も多々ありますので、大自然の恵みを得る事ができるかは運しだいです。

この釣りをはじめた当初、魚が船の存在をどのように認識するか心配でした。
釣果を重ねる事でわかった結論は、魚は船の存在を海に浮かんでいる材木などのゴミと認識しているという答えでした。

この為、船のエンジンは止め、静かに魚を狙わなくてはなりません。
もちろん、エンジン動作中の状態でも釣れるのですが、釣れる魚の絶対数が少なくなりますので、できる限りエンジンは止めて釣りをしています。

とは言え、潮の流れの早い場所ではエンジンをかけたままでないと思い通りの釣りができないので、狙うポイントによりエンジンをかけたままにするか停止させるかを判断しています。

但し、この釣りには重大な問題点もあります。
海水のニゴリが薄いと魚から人間の姿が丸見えとなる関係から、魚に警戒され、釣果が非常に悪くなったり、ボーズになる危険性が高くなる事です。

逆に茶色いニゴリがある場合は釣果が良く、魚の入りが良いポイントでは楽しい釣りができます。
この様に海水のニゴリで釣果が変動してしまうのが、船からの落し込み釣りの欠点となります。

当船では、ご予約を頂いたお客さまに前日までの状況と当日予想できる釣果を説明し、出船するか・キャンセルするかの判断をして頂く営業スタイルをとっております。




□釣り方紹介
エサの種類によって釣る魚種を区別します。

『黒鯛』を専門で狙うなら、カニ又はカラス貝(ツブ)を使用します。
『シーバス+黒鯛』を狙うならエビを使用します。

どの様なエサを使うかについては、項目【使用するエサ】を参照して下さい。

竿は、2.1〜3.1mの、ヘチ釣り用の落し込み竿+タイコリールを使用します。
狙う場所によっては長竿(4〜4.8m)が使いやすい場所もあり、常連のお客さまは長竿・短竿の2本を用意し、狙うポイント毎に変更される方も多いです。

仕掛けは、『秘密の仕掛け』を、お越しになった方へ無料でお貸しします。
仕掛けの公表は、生活の為しばらくはナイショです。

探る水深は通常3m以内(深くても4m)で、エサ投入から、仕掛けを上げるまでの時間は『3〜8秒』と、短時間で仕掛けの上げ下げを行います。
この時間は魚の活性に合わせて変えますので、私の指示にしたがって頂ければ大丈夫です。

狙う場所は障害物回りで、この行動を1〜2m間隔で常に繰り返し、効率良く魚を狙います。
障害物=クイ・橋げた・岸壁など



レクチャ− 
釣り方は簡単、シーバスは小学生でも良い感じでヒットします。
しかし、黒鯛は繊細な釣り方となりますので、基本が悪いと釣れなくなります。

@障害物へ船のエンジンを止めソ〜ット近づき、仕掛けを投入、アタリがあれば即合わせ。
アタリが無ければ、仕掛を上げて隣の障害物をチェック、又は1〜2m先に仕掛の再投入を繰り返します。

A反応がなければ別の障害物への移動を繰り返します。
 魚に警戒心を与えないように操船するのは私の腕しだい! (^o^)b

以上の釣り方を繰り返し行います。



釣り方の基本
釣り方の基本を覚えるのは比較的簡単なのですが、その次の段階で実践する、『数を釣る為の秘訣』を覚える事に苦労します。

当船では乗船された皆さんに、『魚を釣るためのテクニック』、『魚の習性を理解した攻め方』など、膨大な量の知識をお教えしております。

しかし、一度には説明しきれない事と、私が話した内容をスグには実践できない事から、初級段階・中級段階・上級段階に分け、少しずつステップアップしながら覚えられるような説明の仕方をしております。
 
例えば、Aの釣り方を理解でき実践できるようになったらBを説明。
Bの攻め方を説明し理解したらCを説明。
Cの釣り方や攻め方を理解し実践できるようになったらDを説明と、少しずつお教えしています。



ヤリトリ
短竿での魚とのヤリトリは、正に快感です!
魚が船の真横&浅ダナでヒットする関係で、魚が逃げ回る際のパワーは一般の堤防からの釣りと異なり大変強く感じます。

また、堤防の釣りの場合はヤリトリの最中、左右に歩き、立ち位置を変える事により魚をリードし水面に浮かせやすいのですが、船の場合は立ち位置を変える事ができませんので、ひたすら魚の強い引きに耐えるしかありません。
なので、毎日やっていても飽きの来ない楽しさです。

但し、注意しないと竿を持つ手が腱鞘炎になります。
例えは、シーバスが次から次へとヒットした場合、つい腕の痛みを忘れてヤリトリしてしまうので、次の日、「ん〜、腕が痛い」と1年以上苦しみますので注意が必要です。(^o^)



釣り仲間の訪問
連日良い感じで釣れだすとすと、釣り仲間が手伝いと称して毎日のように遊びに来ます。そして、皆この釣りが大好きだと絶賛します。

「魅力は?」と聞くと、
 短竿でのヤリトリ。
 秘密の仕掛けにアタリが出た瞬間。
 アタリが多いので釣りをしていて飽きない。
 船から釣るので、歩かずに次から次へとポイントを攻める事ができるので楽ちん。
 アタリが多いから、常に緊張感を持ちながら釣りが出来きる。

 皆さんにもこの快感を、是非体験して頂きたいと思っておます。




□堤防の『落し込み釣り』との共通点
釣り方の基本は、堤防での釣りと全く一緒です。
この基本が悪いと、魚の居る場所でも釣れなくなります。

黒鯛釣りの基本をマスターするには、船の釣りは大変良い勉強になります。
但し、お金は掛かりますけどね!(^o^)b


■エサを落す間隔
□堤防= 1.5〜3m間隔で探る。
□船= ほぼ同じ。 1〜3m間隔で探る。


■エサの投入地点
□堤防= 障害物や岸壁から10〜15cm離した距離へ落す。
□船= 同じ

エサを落した場所が10cm以内だと、岸壁にヒッカカル確率が高くなり効率が悪くなります。
逆に、エサが岸壁から30cm離れると釣れる確立が悪くなります。

この投入が悪いと他の釣り人との釣果に差が出ます。
仕掛を船の真横に落すだけなのですが、上手く行かないお客さまが大勢おります。
まあ、慣れですのでご安心ください。

ちなみに、仕掛けを投入するコツは親切丁寧にお教えしますのでご安心ください。
もちろん、すぐに上手い投入ができる方もいれば、上手くできずに苦しむ方もおります。
まあ、一度この釣りを体験してもらわないと、イメージがわかないと思います。


■エサを自然に落す
□堤防= 一般的にはイトフケを作りながら自然なスピードで落す。 私は秘伝のスピードで落す。

□船=このスピードは、秘密の仕掛が全て自動的に行なってくれますので簡単!

船からの落し込みで探ぐる水深は通常3m以内です。(深くても4m)
但し、落とし方が悪いと釣果が悪くなりますので、基本はお越しになられた時にご説明致します。


■聞きアワセ
堤防= ミチイトに変化があった時、即聞きアワセ。
船= 秘密の仕掛に変化があった時、即聞きアワセ。


■聞きアワセのスピード
□堤防= ス〜、っと、ヤヤゆっくり目のスピードで聞き合わせ。
 サッと勢いよく仕掛けを上げると、近くにいる魚が警戒していまう。

□船= 同じ
 
船の場合、先頭の方の聞き合わせスピードや仕掛け回収のスピードが早いと、全員釣れなくなる危険性を秘めています。

このスピードはとても重要ですので、基本はお越しになられた時にご説明致します。
ちなみに、シーバス狙いの時はそれほど釣果に影響はありません。


■聞きアワセの重要性(堤防・船 共通文)
シーバスのアタリは良くわかるのですが、黒鯛のアタリはとても繊細ですのでわかりづらいです。

今までの経験から、止まるアタリが出る確率が7割程度と高い為、オカシイと思ったら即聞きアワセの動作に入ります。

普段、夜釣りをメインでされている方は習慣的にエサを飲み込むまで仕掛を上げずに待ってしまいますが、昼の釣りの場合、待ち釣りスタイルは絶対してはイケナイ行動となります。

理由は、シーバスの場合はハリを飲まれたり、黒鯛の場合はエサを潰されて終わってしまう確立が高いからです。

年中この釣りをしている私でも全くアタリが分からずエサを潰される事があります。
昼間、黒鯛を釣る秘訣は、『オカシイと思ったら即聞きアワセ』、この癖を普段から身に付けるしかありません。




■最後に
Q:何故、落し込み釣りは良く釣れるのか?
A:シーバスや黒鯛は上から落ちて来るエサに興味を示すからです。

表現を変えれば、魚は、普段は堤防などの障害物の回りでエサを探し捕食しています。
自ら探し回る以外に、波や風の影響で水面付近から落ちて来るエサを探しています。
多分、「ラッキー! ゴハンが落ちてきた!」との気持ちではないでしょうか?

しかし、落ちてくるスピードや動きが悪いと、エサ・ハリ・ハリスに警戒して釣れません。
シーバスや黒鯛はとても賢い魚で、オカシイと思ったゴハンに警戒します。

私のホームグランドのシーバスや黒鯛は、水面下30cm〜2mの場所でエサを探し生活しています。
浅い水深で生活している理由は、カニやエビなどのエサが豊富だからだと私は思っています。

もちろん、深い場所にも居るのは確かですが、深い水深まで探ると時間効率が悪いので、釣れる確立の高い水面から3mまでを基本的には探っています。