当船が行う釣り方の関係で、最も注意が必要なのは『風』の問題です。

一般的な釣り船と違い、魚を狙う際、特殊な攻め方と船の流し方をしますので、風の『向きや強さ』によって釣りをする事ができないポイントが出てきます。
小型船の場合、釣りがしやすい反面、大型の釣り船と異なり風の影響を受けやすいので、出船できない状況がでてきます。

ホームグラウンドである大井〜葛西の場合、北風は「陸風」となり、海はナギの状態となりますが、南風は「沖からの風」となり、海に波が立つシケの状態となります。

この南風が曲者です。
風が弱い場合は、魚の活性を上げる良い働きをするのですが、風速が13mを超えると海上はガボンガボンの状態になります。

いずれの風も、風速6mを超えると徐々に釣りずらくなり、魚を狙うポイントがある程度限定されてしまいます。

予約されたお客様には、前日の最終打ち合わせの際、「風」についてご報告しています。
条件が悪いようであれば、キャンセル(手数料不用)が可能です。



■強風が予想される場合
釣り好きの方にとっては、天気が悪かろうと、貴重な休みを有意義に使いたいとお考えの方が多いのではないでしょうか?
まあ、昔の私がそうでしたので・・・(^o^)

今までの経験から、気象庁が予報した風向きより、当日の釣果がある程度予想できるようになりました。
これは、前日までの状況・海水のニゴリ・攻める場所の魚の入り具合から推測します。

予想できる釣果に付いては、前日に行う最終打ち合わせの際ご報告し、出船するかキャンセル(無料)にするかの判断をして頂いております。

この打ち合わせは、昼12時の天気を聞いてから、ご予約を頂いたお客様の携帯電話に当方から連絡しています。
この時、風の強さと風向きが心配な時には、19時に更新される天気を確認してから再度打ち合わせを行っています。

天気予報では、「強風の注意報・警報」が出ている時でも、実際には問題のない場合も多々ありますので、いつも判断に苦慮しております。

東京港周辺は、入り組んだ地形の為、安全に釣りができるポイントが数多く存在します。
釣果の保証はできませんが、天気の状態と前日までの釣果状況を踏まえ、『場所限定』にてご予約をお受けする場合もあります。


■雨の場合  
雨に関する問題はありませんが、エサ釣りでは釣りづらい事があります。

□エサ釣り= 少々問題あり
船からの落とし込み釣りをする場合、仕掛けを投入する際、タイコリールからラインを少し出してポィット投入することが良くあります。

この時、リールから出したラインが竿にベタ付き、スーっとラインが出ず、思い通りのポイントに仕掛けを投入することができない現象が発生します。
ベタ付き防止のフッ素系スプレイなどで少しは改善されますが、釣りの最中にイライラすることが良くあります。

□ルアー・シーバス= 問題なし
ルアーを使った釣りの場合は特に問題はありません。

□雨の日の釣りは嫌い
お客さまによっては、「雨が大嫌いなのでキャンセルしたい!」とのご要望が時々あります。

キャンセル(無料)はOKですので、大嫌いな方はご遠慮なされずご相談ください。
私も、たまには休みを取らないと死んでしまうのでキャンセル大歓迎です。(~o~)


□雷の接近 
雷が接近した場合、岸よりに移動し、道路の橋の下などへ避難しますので心配ありません。
この為、約30分〜2時間程度釣りを中止する場合があります。

私は雷が嫌いですので早めに行動を取ります。
雷は近くの建物に落ちずに、海に落ちる場合がありますので注意が必要です。

例えば東京湾内でも、沖の堤防に乗っていた場合、海に落ちた雷の電気が堤防まで伝わることがあります。
非常に恐ろしいことですが、実際に野島・横浜・川崎で体験しました。

また、伊豆の沖磯で夜釣りの最中、雷が近付くが避難する場所がなく、死ぬかと思った経験もあります。

もしも雷で死んでしまったら、葬式の場で、
 「あいつは、好きな釣りをしながら死んだのだから幸せだよ!」、
 「でも、雷が接近している時に釣りをしているなんてバカだよな〜」、
 「運の悪いヤツ!」なんて小言を言われたくないので、落雷では死にたくないと常々思っております。



■出船時間による風対策
 
出船可能か中止かを左右するのは『南風』の問題です。

東京港では南風が吹くと沖向きの風となる為、波立ち釣りがしづらくなりますので、この問題でいつも悩まされています。
営業期間中、東京港周辺の風向きは、『4つのパターン』がありますのでご紹介しましょう。


早朝から10時頃の掛けて陸側からの北風が吹き、10時をすぎた頃より沖側からの南風に変わります。

この現象が、天気予報で良く聞く”北日中南の風”です。
この天気は一番釣りがしやすい条件なのですが問題もあります。

お昼を過ぎた頃から徐々に南風が強くなり、風速10m前後の風となります。
当船の釣り方の場合、風速8mを超えると徐々に釣りずらくなり、ポイントがある程度限定されます。

もちろん、南風が強く吹かないこともありますので、攻めたいポイントを全てチェックすることも可能です。


そよそよの南風が朝から吹きっぱなし。
夏場に多いごく普通の気象条件。

朝方は風速2〜3mと釣りがしやすい状況となりますが、10〜12時頃から徐々に風が強くなります。
時間内に攻めたいポイントを全てチェックできるかは、お客様の運次第となります。

ちなみに、この現状は近年多くなり、海水のニゴリが発生しない要因になっていると私は思っています。


低気圧接近により北風・南風が強く吹きます。
この件は、当日の何時頃から強く吹くか天気予報である程度予測できます。
どちらの方向の風も、風速8mを超えると釣りづらくなります。


東京都心・温暖化現象
近年、早朝の北風が吹かない事が多くなりました。

昔は、深夜0〜3時頃には無風になり北風に変わっていましたが、近年は無風状態のまま北風が吹かなかったり、南風がそよそよ吹きっぱなしの状況となります。
天気予報では「北日中南の風」と言っていますが、実際には何日間も南風が吹きっぱなしの状況となります。

NHKの話しでは、近年、都心温暖化が進み、いろいろな面で弊害が出ているとの事。
また、大気の温暖化以外に、工場の冷却水用に使われている海水(温水)が海に流されています。

この事が海水温を上げる働きがあるそうで問題になっているそうです。
海水を冷却水として使用している工場は、一般の工場以外に、東京電力の発電所・下水処理場などがあるそうで、現状では排気ガス規制のような対処方法が全くない事が問題だそうです。

以上の事から、南風による釣りにくい状況を少しでもカバーするには、出船の時間をできるだけ早くし、13〜14時頃沖上がりするのが理想です。

ルアーによるシーバス狙いの場合、5月〜11月までの期間、15時〜23時頃までは約9割が南風ですので釣りづらい状況が続きます。